1 title per month from Audible’s entire catalog of best sellers, and new releases.
Access a growing selection of included Audible Originals, audiobooks and podcasts.
You will get an email reminder before your trial ends.
Your Premium Plus plan is $14.95 a month after 30 day trial. Cancel anytime.
Buy for $8.27

Buy for $8.27

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice. Taxes where applicable.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第十三帖 明石 あかし
光源氏 二七~二八歳
主な登場人物 明石の君

わりなくもわかれがたしと
しら玉の涙を流す琴のいとかな

雷雨はなおも続き、ついに邸は雷に打たれ一部炎上してしまう。光源氏は、亡き桐壺帝(きりつぼてい)が「住吉の神の導きに従って、早くこの地を去れ」と告げる夢を見る。翌日、明石入道(あかしのにゅうどう)が源氏を迎えに来た。源氏は夢のお告げに従い、明石へ移った。
明石入道はかねての願い通り、娘を源氏に差し出す。娘は身分の違いから気が進まず、なかなか源氏に心をひらかずにいたが、やがて二人は結ばれ、明石の君(あかしのきみ)は源氏の子を身ごもった。
一方都では、源氏追放を企てた太后弘徽殿(こきでん)が物の怪に病み、朱雀帝(すざくてい)の眼病も悪化する。天の諭しであると、朱雀帝はついに源氏に赦免の沙汰を出す。源氏は、明石の君に必ず都に迎えることを約束して、帰京の途につくのであった。
(C)PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第十三帖 明石

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.