1 title per month from Audible’s entire catalog of best sellers, and new releases.
Access a growing selection of included Audible Originals, audiobooks and podcasts.
You will get an email reminder before your trial ends.
Your Premium Plus plan is $14.95 a month after 30 day trial. Cancel anytime.
Buy for $4.14

Buy for $4.14

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice. Taxes where applicable.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第二十七帖 篝火 かがりび
光源氏 三六歳
主な登場人物 玉鬘

大きなるまゆみのもとに美しく
かがり火もえて涼風ぞ吹く

光源氏は近江の君のことを、内大臣が深く考えもせずに呼び寄せ、気に入らなかったためにぞんざいな扱いを受けていると気の毒に思っていた。
玉鬘は実の子が必ずしもよい扱いを受けるのではないことを知り、迷惑な恋心をもたれているとはいえ、源氏に引き取られたことを幸運に思い、源氏に信頼を置くのであった。 玉鬘をよく訪ね、そこで長い時間を過ごすようになっていた源氏は、帰りがたい思いで、消えかかっていた庭の篝火をさらに燃やさせた。美しく照らし出された玉鬘にみずからの恋情を歌に詠んだ源氏はようやく退出しようとするが、そのとき、近くで楽を奏でている夕霧(ゆうぎり)たちに気づき、彼らを呼び寄せる。そして、三人の公達たちとともに合奏を始めるのだった。玉鬘はその音をしみじみと聞いた。
©2022 PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第二十七帖 篝火

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.