1 title per month from Audible’s entire catalog of best sellers, and new releases.
Access a growing selection of included Audible Originals, audiobooks and podcasts.
You will get an email reminder before your trial ends.
Your Premium Plus plan is $14.95 a month after 30 day trial. Cancel anytime.
源氏物語 第十九帖 薄雲  By  cover art

源氏物語 第十九帖 薄雲

By: 紫式部,与謝野 晶子
Narrated by: 岡崎 弥保
Try for $0.00

$14.95/month after 30 days. Cancel anytime.

Buy for $8.27

Buy for $8.27

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice. Taxes where applicable.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第十九帖 薄雲 うすぐも
光源氏 三一~三二歳
主な登場人物 明石の君、紫の上、藤壺

さくらちる春の夕のうすくもの
涙となりておつるここちに

明石の君(あかしのきみ)はついに娘の明石の姫君を紫の上に預けることを決意する。光源氏は母と子を引き離してしまった自分の罪深さを心苦しく思う。紫の上も、二条院に迎えた明石の姫君のかわいらしさを見るにつけ、母親はどれほど悲しく寂しいことだろうと、明石の君を思いやる。
藤壺(ふじつぼ)が重い病となり、息を引き取った。法要の後、藤壺に長く仕えていた僧が、冷泉帝(れいぜいてい)に出生の秘密を打ち明ける。光源氏が実の父親だと知った冷泉帝は源氏に譲位を申し出るが、源氏は辞退する。
源氏は親代わりで後見している故六条御息所の娘斎宮(さいぐう)に恋愛の目を向けるがようやく自制する。
また、明石の君のことをたえず気にかけ、通うのに困難な大井の山荘にも時おり足を運んでいた。
©2022 PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第十九帖 薄雲

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.