1 title per month from Audible’s entire catalog of best sellers, and new releases.
Access a growing selection of included Audible Originals, audiobooks and podcasts.
You will get an email reminder before your trial ends.
Your Premium Plus plan is $14.95 a month after 30 day trial. Cancel anytime.
Buy for $20.68

Buy for $20.68

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice. Taxes where applicable.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第三十五帖 若菜 下 わかな げ
光源氏 四一~四七歳
主な登場人物 女三の宮、紫の上

二(ふた)ごころたれ先(ま)づもちてさびしくも
悲しき世をば作り初(そ)めけん

柏木はなぐさみにと、女三の宮が飼っている猫を手に入れ、昼夜かわいがっていた。
冷泉帝が譲位して、明石の姫君が産んだ若君が東宮となる。世間は明石一族の並みならぬ幸運をはやしたてるのだった。
ある夜、女三の宮のもとへ行った源氏をあとに一人寝をしていた紫の上は胸の痛みで苦しみ、容体が悪くなる。
一方、柏木は女三の宮ゆかりの女二の宮(にょにのみや)を妻にするが、女三の宮への執心はおさまらず、ついに女三の宮と関係を結んでしまう。女三の宮は柏木の子を宿す。不思議に思った源氏は密通の事実を知り愕然とし、因果応報の恐ろしさを思う。
柏木は犯した罪の重さにおそれおののき、ついには重い病に伏せってしまう。
©2022 PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第三十五帖 若菜 下

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.