1 title per month from Audible’s entire catalog of best sellers, and new releases.
Access a growing selection of included Audible Originals, audiobooks and podcasts.
You will get an email reminder before your trial ends.
Your Premium Plus plan is $14.95 a month after 30 day trial. Cancel anytime.
Buy for $4.14

Buy for $4.14

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice. Taxes where applicable.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第二十三帖 初音 はつね
光源氏 三六歳
主な登場人物 紫の上、明石の君

若やかにうぐひすぞ啼(な)く初春の
衣(きぬ)くばられし一人のやうに

新年を迎え、六条院の人々はうららかな新春を過ごしていた。明石の君から、明石の姫君へ新春の祝いの手紙が届き、光源氏は幼い姫君に直接返事を書かせるのであった。
源氏は六条院の女性たちを訪ねる。花散里は、姿は衰えたものの穏やかな気質は変わらない。玉鬘は今を盛りの美しさである。明石の君の娘を思う心と聡明な美しさに惹かれて、源氏は新春の第一夜をここで過ごす。翌朝、源氏は懸命に紫の上の機嫌を取るのであった。
二条の東の院で末摘花(すえつむはな)の気の毒な様子に源氏は嘆息する。一方、空蟬(うつせみ)は尼らしくつつましやかに暮らしていた。
男踏歌という男性の歌や舞が六条院で行われ、源氏は夕霧の歌声のよさを褒め、親らしく喜んだ。
©2022 PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第二十三帖 初音

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.