1 title per month from Audible’s entire catalog of best sellers, and new releases.
Access a growing selection of included Audible Originals, audiobooks and podcasts.
You will get an email reminder before your trial ends.
Your Premium Plus plan is $14.95 a month after 30 day trial. Cancel anytime.
Buy for $4.14

Buy for $4.14

Pay using card ending in
By confirming your purchase, you agree to Audible's Conditions of Use and Amazon's Privacy Notice. Taxes where applicable.

Publisher's Summary

「プレバト!!」で大人気の俳人 夏井いつき先生 推薦

『源氏物語』全五十四帖 与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、
オーディオ化しました。

近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その 帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。その晶子の歌もすべて収録しています。

源氏物語のあらすじ&ブログ
https://ohimikazako.wixsite.com/kotonoha/blank-10

第三十帖 藤袴 ふじばかま
光源氏 三七歳
主な登場人物 玉鬘

むらさきのふぢばかまをば見よと言ふ
二人泣きたきここち覚えて

玉鬘はこれからの身の処し方について煩悶していた。冷泉帝へ宮仕えをすることも、光源氏の庇護でこのまま暮らしていくことも、それぞれ悩ましい問題があるのだった。
大宮(おおみや)が亡くなり、喪に服した玉鬘のもとに夕霧が訪れる。玉鬘が兄弟ではないと知った夕霧は藤袴の花を差し入れ、玉鬘に恋愛の情を打ち明けるが、玉鬘は驚いて奥へ引きこもる。
玉鬘を宮仕えに出しながら手元に置いてひそかに恋人にしておきたいと考える源氏であったが、その思惑を見抜いている夕霧は内大臣が懸念していることを伝え、源氏の行動を牽制するのだった。
玉鬘は十月に宮仕えに出ることになった。その日が近づくにつれ、玉鬘のもとには求婚していた男たちから別れを惜しむ手紙が次々と届けられた。
©2022 PanRolling

What listeners say about 源氏物語 第三十帖 藤袴

Average Customer Ratings

Reviews - Please select the tabs below to change the source of reviews.