名作集

4 books in series
4.5 out of 5 stars 3 ratings

Summary

名作集

夏目漱石

西欧的近代における自我や孤独、エゴイズム、愛する人や家族との確執……文学 を通して人間の本質を追求し続けた作品は、現代でもなお多くの 人々の胸を打ち、広く読み継がれています。

芥川 龍之介

人間とはなにか、生の意味とはなんなのか――生涯に渡り命題と向き合い続けた芥川龍之介の作品は、現代でも色褪せることのない輝きに満ちています。

太宰 治

津軽の大地主の六男として生まれ、共産主義運動から脱落して遺書のつもりで書いた第一創作集のタイトルは「晩年」。この時、太宰は27歳だった。その後、太平洋戦争に向う時期から戦争末期までの困難な間も妥協を許さない創作活動を続けた数少ない作家の一人

梶井 基次郎

明治から昭和にかけて美しく、物哀しい短編を数多く遺している文人。

Show more Show less
You're getting a free audiobook.

You're getting a free audiobook.

$14.95 per month after 30 days. Cancel anytime.